電車を動かす意味は?

農地をたくさん所有するとかなり便利に

今作から電車が追加されました。

一体なんの意味があるのか?

順に見ていきましょう。

自分の電車用のサイロは3箇所

まず、自分の電車用のサイロは3箇所あります。

ここにはトレーラーから作物の出し入れが可能です。

電車と連結したサイロに作物を輸送した場合、電車でそのサイロに乗り入れると作物を積み込むことが可能になります。

この画像のところは、地図上の右上のサイロになります。

余談ですが、電車が踏切の近くにいると遮断機が下ります。

電車をずっと動かさずにいると永遠にこのままです。

作物を積み込む

作物を積み込んでみましょう。

もちろん電車の側からリロードすることも可能です。

これを運搬します。

地図上真ん中の、最初に電車が集結していたサイロへ輸送してみましょう。

電車はブレーキがなかなか効きません。

なのでサイロの所定の場所へつけるのが結構大変です。

この地図真ん中のサイロからももちろん作物の出し入れが可能です。

電車を乗り換えます。

線路は2つあって、それぞれの線路で運んだ作物をここで入れ替え可能です。

そのままここからトレーラーに移し替えることもできます。

次に、地図の左下の方にある自分のサイロへ向かいます。

鉄橋を渡ってすぐのところです。

ここでも作物の出し入れが可能です。

牛の放牧地近くの農場で取れた作物は、ここに貯蔵しておくと近くて便利でしょう。

電車に乗せた作物を売る

電車から作物を売ることができるのは、電車マークのついた「メイプルフィールド」から可能です。

そこまで電車を運行させます。

ここは電車からしか作物を売ることができません。

トレーラーから売りたい時には別のサイロへ売る必要があります。

さて、以下の画像を見てもらいたいのですが、

電車はかなりたくさんの量を運搬できることがお分かりいただけると思います。

トレーラーで作物を売りに行くのは往復に結構な時間がかかります。

しかし電車だとこれだけ大量の作物を一気に売ってしまうことが可能になるのです。

農地をたくさん所有しているとかなり便利になります

また、マップ上を車で走り回るのには結構な時間がかかります。

マップ全体にたくさんの農地を所有するようになると、車の運転だけで相当な時間を要します。

そこで、電車のサイロが近いところなら、一旦それぞれの電車のサイロに貯蔵しておくのです。

そして、「メイプルフィールド」の作物買取価格が高騰した時に、一気にまとめてその作物を売ってしまえばいいのです。

メイプルフィールド以外のサイロの買取価格が高騰したなら、電車のサイロからトレーラーで運んでしまえばいいのです。

木を運搬する

もう一つ、マップ真ん中の電車の基地にはクレーンがついています。

これは木を運搬するためのものです。

これで木を運搬して、木を売りに行くことができます。

木は黄色の線内に置くと売れます。

ただこれなのですが、木の量が少なかったり、木が短すぎると、カーブを曲がる時の遠心力で吹っ飛んでしまいます。

なので、木を大量に積んでおくのが一番いいのですが、木の運搬はかなり面倒です。

しかも、クレーンの操作は車両のクレーンと、電車の基地のクレーンと違っているので、両方の操作法を会得する必要があります。

なので、面倒だと思う人には、木はウッドチップにしてしまうのがいいでしょう。

(※ウッドチップの簡単な作り方