サイレージの作り方

サイレージって何?

※前作の攻略サイトではサイレージの作り方について、「MEX 5」の使用方法を間違って記載しておりましたことをお詫びいたします。

ファーミングシミュレーター15からプレイしている方にとってはおなじみのサイレージ。

サイレージはトウモロコシから作られます。

トウモロコシを植え、そして特殊なコンバインで収穫をすると、「もみ殻」が貯蔵されていきます。

この「もみ殻」を発酵させると、これが「サイレージ」になります。

前作では「MEX 5」と「BIG X 1100」くらいしかサイレージを収穫する手段がなかったのですが、今作ではより安価な高性能のコンバインが複数登場しており、前作よりも収穫しやすくなっています。

(※MODから「BIG X 1100」をダウンロードできます(無料)。相変わらずの高額商品ですが。)

しかし、前作では主要な資金集めの手段として重宝したサイレージですが、今作では売った場合の価格がかなり低くなっています。

燃料として売るか、牛の餌にする

サイレージは電力を起こす燃料として使われていますが、同時に牛の餌ともなります。

前作ではチュートリアルでサイレージの作り方を教わることができましたが、なんと今作ではほぼ作り方は教わることができません。

これはきついです。

それではサイレージの作り方を1から見ていきましょう。

サイレージの作り方

トウモロコシを作る

まずはトウモロコシを作りましょう。

サイレージ専用のコンバインを導入

トウモロコシが収穫できる状態になったら、通常のコンバインではなく、サイレージ作成用のコンバインを導入します。

前作では他の作物を収穫するコンバインと同じページに並べられていたサイレージ用のコンバインですが、今回は別ページに並んでいます。

これらのコンバインは以上の4つまで選択肢が増えました。

「BIG X 1100」はやたらと高価だったので、今作ではサイレージを作りやすくなったと言えます。

また、前作ではなぜか「BIG X 1100」を使用する時には自動で収穫できませんでしたが、今作ではサイレージも自動収穫に対応するようになりました。

MEX 5

お恥ずかしながら、前作の攻略サイトにおいて使い方を間違えて説明してしまっていた「MEX 5」、の使い方です。

正解は、この画像のように装着します。

「MEX 5」は車両の前部分に。

そしてコンテナを後ろにつけます。

「MEX 5」の有効幅はかなり狭く、全て収穫するのに結構な時間を要します。

(※有効幅って何?

とはいえ、「MEX 5」は安価なので、ゲーム開始直後からサイレージを収穫できるのはなかなか魅力的ではあります。

「MEX 5」以外のコンバイン

それ以外のコンバインは、トラクターにつける必要もなく、そして有効幅も広いため、さっさとサイレージを収穫することができます。

このゲーム最大の魅力といったら、やっぱりこんな感じの重機の勇ましさを目の当たりにできるところかと思います。

なんともイカつくて素敵なコンバインとヘッダーの組み合わせです。

サイレージを収穫する機材が特殊なのは、上の画像を見てもらえれば一目瞭然です。

なぜかコンバインに直接は貯蔵せず、トレーラーを後ろにくっつけて回収していきます。

「もみ殻」は一度に信じられないくらい大量に獲れます。

別ページでも詳しく解説しますが、最初から使用できる農地「15」からの収穫量では、小麦が約9000Lに対して、サイレージは約106000Lです(!)。
※この数字は、種を植えて、肥料を撒いただけの場合です。肥料を撒いて、さらに雑草を取り除けばより大量に収穫できます。

もみ殻を貯蔵し、圧縮する

もみ殻を収穫しただけではサイレージを得ることはできません。

もみ殻を圧縮し、発酵させる必要があります。

まずはサイレージを専用のサイロに貯蔵する必要があります。

サイレージの貯蔵できるサイロは2か所。

下画像の丸で囲んだところです。

一つは牛の農園のそばです。

もう一つは、バイオガスプラントのそばになります。

貯蔵が完了したら、左上の圧縮率が100%になるまで、何度も車で踏みつけてください。

なんか前作よりも100%まで達しにくくなっていような気がしたのですが、気のせいでしょうか?

圧縮が完了しました。

これにカバーを被せて発酵させます。

発酵が完了すると、アナウンスがあります。

カバーを外しに行きましょう。

これでサイレージは出来上がり。

牛の餌にするか、バイオガスプラントに売ってお金にしちゃいましょう。

(※サイレージの売り方
(※牛の飼い方